• TOPに戻る
  • 借金問題でお困りの方
  • 過払い金について
  • 借金問題相談の流れ
  • 借金問題解決費用
  • 事務所概要
  • お問い合わせ
借金問題でお困りの方 法律が貴方の権利を守ります。
  • HOME
  • 借金問題相談の流れ

借金問題相談の流れ

債務整理(任意整理)の手続きの流れ

まずは認定司法書士が話をおうかがいいたします。
債務の整理方法や各種費用及び毎月の返済額等を相談させていただきます。
貸金業者からの催促を停止させます。
ご相談の翌日には全ての債権者に受任通知を送付し、催促を停止させます。
これまでに、いくら借りて、いくら返済したかを明らかにします。
払い過ぎた利息を、元本に充当するので、債務総額は減少します。 借金が減っただけでなく、過払い金が発生している場合は、返還を請求します。(→過払い請求
今後の返済計画を決定します。
減少した元金を基礎として、「無利息」で、月々返済できる額を交渉し決定します。
和解計画に従って返済します。
債務完了まで無理ない返済計画のもと債務完済を目指します。

過払い請求の手続きの流れ

まずは認定司法書士が話をおうかがいします。 債務整理をするためには相談者の方の家計の状況や債権者との取引内容など詳細な情報を把握する必要があります。 面談により債務整理(任意整理)、自己破産、民事再生など債務整理の方法を決定します。
債務整理(任意整理)で受任することが決定すれば、受任通知を各債権者に送付します。 この受任通知の送付により本人への請求が禁止されます。
受任通知送付後、一定期間経過後に取引明細(過去にいくら借りて、いくら返済したか)を貸金業者が開示してきます。
貸金業者が開示してきた取引明細をもとに、過去の取引を全て利息制限法で規定された利率で計算し直します。 取引の期間か長ければ、借金の残高が少なくなり、むしろマイナス(過払い)になることがあります。
利息制限法で引き直し計算をして判明した過払い金額をもとに、業者に返還するよう請求します。
返還する金額や時期など、業者と折り合いがついたら、和解契約を締結します。
業者から、過払い金が返還されます。

破産手続きの流れ

申立人の住所地を管轄する地方裁判所に破産申立てをします。規定の予納金と予納郵券を裁判所に収めます。
申立後1〜2ヵ月後に破産審尋という裁判官との面接を行います。時間にして5〜15分位で終わります(裁判所による)。
同時廃止(破産者に配当すべき財産がないと判断された場合)の決定。

例外的に
異時廃止(破産者に一定の財産がある場合)
   ↓
破産管財人の選任
   ↓
債権者集会
   ↓
財産の処分・換金
   ↓
配当(債権額に応じ債権者に平等に分配)

破産決定から1〜2ヵ月後に、免責審尋という裁判官との面接が行われます。時間にして5〜15分位で終わります。裁判所によっては、行われないことが多いです。
この審尋で、裁判所が免責を認定し、債権者からの異議もなければ約1ヵ月後に免責決定がなされます。
免責決定が出されると官報で公告されます。
官報公告の2週間後に免責が確定します。債務者は債権者に対する全債務の責任を免れ、同時に復権します。

ご相談・お問い合わせ

相談費用は無料にて承っております。

まずは、メールかお電話にて当事務所にご連絡頂ければと思います。

モバイルサイト

QRコード

斉藤法務合同事務所モバイルサイトのQRコードです。
携帯端末で読み込める方は、上記QRコードを読み取ってください。 QRコードを読み取れない方は直接
http://www.y-saitoh.net/i/
にアクセスしてください。

このページの先頭へ